ぴちぴち発芽青玄米

ヘルシーライフは主食から!ご飯で毎日健康生活!

美味しくて栄養たっぷりのお米

ぴちぴち発芽青玄米青玄米とは育ち盛りの若い玄米のこと。独自製法により発芽させているので、玄米特有の臭い・硬さがなく、白米と同じように炊くだけで美味しく食べられます。
若い玄米なので粒が小粒で外皮の部分がたくさんあります。実は、この外皮に食物繊維やビタミン・ミネラルなどの栄養素が多く含まれているのです。

独自製法による発芽

発芽は新しい生命を生み出す一大イベント。植物内部はエネルギーで一杯になっています。玄米は生きている米、発芽した玄米は起きている米と呼ばれ、今まで眠っていた酵素が目覚めて活動を始めます。 本商品は、にがり水に浸けて発芽させているので、現代人に不足しがちなマグネシウムやギャバ(γ-アミノ酪酸)、うまみ成分アラニンがすべて増加しています。

白米と同じように炊くだけ!

ぴちぴち発芽青玄米:白米=1:1●青玄米と白米を同量ブレンドしたものを、一日三杯食べるのが理想です。青玄米・白米各1カップを水で軽くすすぎ、白米2カップの目盛りに合わせて炊いてください。
●青玄米だけでも美味しく召し上がれます。青玄米2カップを水で軽くすすぎ、白米2カップの目盛りに合わせて炊いてください。
◎ 炊飯前1時間以上浸水すると、より美味しくなります。

栄養素が多く含まれている

〈下記は100g当たりの量〉
マグネシウム 174mg (白米の7.6倍、玄米の1.7倍)
食物繊維 4,200mg (白米の8.4倍、玄米の1.6倍)
ギャバ 15mg (白米の15倍、玄米の1.3倍)
フィチン酸 80mg (白米の8.2倍、玄米の1.7倍)
アラニン 11.4mg (白米の10.4倍、玄米の1.3倍)

ギャバ

ギャバ/GABAとはγ−アミノ酪酸という広く自然界に存在するアミノ酸の一種で、ヒトなど哺乳類の脳髄に存在する話題の成分です。
玄米に多く含まれていますが、発芽させるとそれがさらに増えることが知られています。

フィチン酸

米ぬかや胚芽、穀類、種子などに多く含まれる注目の成分です。キレート作用があるので、食用油の酸化防止などに利用されています。
◎ キレート作用:体内でミネラルを包み込む形で結合し、体に吸収しやすくする作用のこと。同時に、ミネラルの酸化を防ぎます。

アラニン

アミノ酸の一種。エネルギー源として体内で重要な働きをしています。発芽するときに増える甘みや旨みの成分で、玄米特有の臭いを消して、美味しいお米にしてくれます。

●ぴちぴち発芽青玄米

商品コード 020
内容量 1,050g
摂取目安 ―――――
価格 1,080 円(税込)
商品画像

発売元/ベストアメニティ株式会社

店長からのワンポイント

にがり水で発芽させたパワーみなぎる青玄米です。

原材料
玄米
栄養成分 100g当たり
<1日摂取量の目安>
エネルギー 349kcal
たんぱく質 7.3g
脂質 3.6g
糖質 70.0g
食物繊維 4.2g
ナトリウム 3.6mg
フィチン酸 801mg
γ−アミノ酪酸 15〜18mg
マグネシウム 174mg
アラニン 11.4mg

取り扱い商品一覧